フリカエル

フリカエル | 2016年2月

lililimit_201602

毎月の出来事、体験したことをまとめる記事「フリカエル」。長い間ほったらかしてしまったのですが、心身ともに(?)落ち着いたので、2月の振り返りをEUROを観ながら書いています。もう6月です。

ただ、これだけ時間が空けて振り返るのも、それはそれで意味があるような気もしています。自己擁護でしょうか。いいえ、違います。


2月に行ったライブ/イベント

・the quiet room 『Instant Girl』リリース記念インストアライブ @タワレコ渋谷
・LILI LIMIT 『#apieceofcake』リリース記念インストアライブ @タワレコ新宿
・Czecho No Republic × TRICERATOPS @渋谷クアトロ

2月のベストアクト

Shout! / TRICERATOPS @渋谷クアトロ


確か久しぶりにトライセラ観て、「Shout!」は初めてライブで観たんですよね。トライセラのライブは演者とオーディエンスのポジティブな感情が会場に充満しているのをめちゃくちゃ感じられるので幸せになれるんです、人にやさしくなれるレベルで。あ、和田唱結婚おめでとうございます。

2月によく聴いた曲

N_tower/LILI LIMIT


LILI LIMITが好きになったのは「Girls like Chagall」という曲がきっかけ(だったと思う)のですが、ガチ勢と化したのは「N_tower」でした。LILI LIMITは売れて数万人キャパのデカい箱埋めてほしい。幕張メッセで踊ろうよ、という感じ。

Girls like Chagall/LILI LIMIT


万が一、LILI LIMITを知らない人は一刻も早く聴いてほしい。「盗んだバイクで走り出すことができない彼はノー免許ボーイ」

グッバイ/黒猫チェルシー


「優しさと真っすぐさと懐かしさを持った、その佇まいはまるで90年代のロックバンドのよう。」という書き出しでFLで紹介文を書きました。渡辺大知最近よく見る。

2月に読んで印象に残ったweb記事

東京コピーライターズクラブ(TCC)は、そろそろ解散すべきだと思う。
http://copywriterseyes.hatenablog.jp/entry/2016/02/04/042038
この記事の内容についてはよく覚えています。ぼくも誰に褒められたいんだろうかって考えました。先輩?クライアント?ユーザー?強いて一つを選ぶとすると…ユーザーと答えるのが正解な気がしていますが、本音を言うと全員です、当然。

LILI LIMITの挑戦は始まったばかり。芸術性と大衆性は両立する?
http://www.cinra.net/interview/201601-lililimit
1月に公開された記事なんですが、彼らの本音と魅力を引き出せているインタビュー記事だと思います。「大衆性」と「芸術性」一見対局にあるように思える概念ですが、実はこれらを音楽の中に共存させているアーティストほど魅力的だったりする。サカナクションが言う「オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの境界線」と同じニュアンスだと理解しています。そういうこと。

2月に書いた記事

いま、MR.CHILDRENにフェスに出演してほしい理由
http://rikukawasaki.com/2016/02/mrchildren-fes/
結構時間かけて、愛情込めて書きました。主にTwitterで反響ありました。

ここに詳しくは書きませんが2月は誕生日だったこともあり、バタバタしながらもたくさんの人に会いました。ご飯連れてってくださった方、祝ってくださった方、ありがとうございました。2月を振り返ってみて思うのは…2月からぼくはLILI LIMITのことを本気で好きになったんだろうな、ということ。「大衆性」と「芸術性」を共存させているバンド。心から惚れています。

フリカエル | 2016年1月

年賀状

こんにちは!昨年10月から始めた1ヵ月を振り返る企画記事「フリカエル」、2016年一発目の記事になります!そしてこのブログを始めて、2月でちょうど1年になるので、色んな実験も含めてブログのデザインを一新しました。基本はWordpressの既存のテンプレートから意図に沿うものを選んでいるのですが、そこから自分の好みに、フォントサイズやら、色やらカスタマイズしています。

ということで、今年も一年宜しくお願いしまー!の「フリカエル 2016年1月編」です!


1月に行ったライブ/イベント

・NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016″渦と渦~東の渦~”@日本武道館
・ゲスの極み乙女。フリーライブ@代々木公園
・BOYS END SWING GIRL ただいまって言わせてよツアー@下北沢CLUB QUE

1月一番のライブは間違いなくNICO Touches the Wallsの武道館公演でした!2年前に彼らの2度目の武道館公演を観て、正直「こんなもんか」って失望して、今回行くかどうか迷ったんですけど、間違いなく行ってよかった!彼らの中にあるファンクのアイデンティティが、引き出しの一つではなく、彼らの音楽の血となり、肉となっている様を目撃しました。「ニワカ雨ニモ負ケズ」の間奏での古くんのギターと光村氏のスキャット、「これだよ!!!僕が観たかったのは!!!」とめちゃくちゃ興奮したのを覚えています。NICOのライブはこれまで何度も観てきましたが、初めてNICOのライブを観て泣きました。これから彼らが一気に躍進していくのが心底楽しみです。

ついでの感じになりましたが、ゲスもめっちゃ気持ち入ってたし、とてもよかったです。絵音くん頑張れ。

1月のベストアクト

渦と渦 / NICO Touches the Walls @日本武道館


先に書いたように、NICOの武道館公演が1月で一番でした。その中でも、今回のライブタイトルにも入っている「渦と渦」。バンドの売り方によっては一定の成功は得られたであろう彼らが、ギターロックバンドとして足掻くことをやめなかった。その意思表示のような曲です。若手イケメンロックバンドっていう立てつけよりも、がむしゃらで不器用で泥臭い姿の方が彼らに似合っている気がします。

1月によく聴いた曲

Instant Girl/the quiet room


お馴染みのthe quiet roomが新譜を出しました。2曲入り500円の数量限定シングルです。彼らにしては振り切ったハイテンポな四つ打ちギターロックで、何か実験的というか、挑戦的なリリースなんじゃないかなと勘ぐっているところです。それにしても滝口ひかりちゃんが可愛いですね。大正義、大正義。

Landed/Ben Folds Five


SHE’Sというピアノロックバンドがいまして、彼らの新譜を聴いたときに想起されたのがBen Folds Fiveでした。特に「Landed」は僕が一番好きな曲で、とても懐かしく聴いていました。来日…フジロック出演熱望!!

Beautiful/Superfly


もともと彼女の声は好きだったんですが、この曲の肯定的な姿勢がとても気持ち良くて、朝の通勤時間とかに良く聴いてます。

合法的トビ方ノススメ/Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)


FL編集長と会社で席が隣の先輩がHIP-HOPが好きで、昨年の暮れからすごく聴くようになりました。フリースタイルダンジョンとか大好きです。そういう感じです。いつかの「フリカエル」ではRHYMESTERを挙げたりもしましたね。それにしても、R-指定同い年かぁ…。

1月に読んだ雑誌・書籍・マンガ

雑誌


・宣伝会議
・ブレーン
・MUSICA
・ROCKIN’ON JAPAN

書籍

・新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
やっと手を出しました…。

マンガ


・あひるのそら 41巻
・バガボンド 全巻
・MAJOR 2nd 3巻

1月に読んで印象に残ったweb記事

UX デザイナーを目指している君へ
http://sprmario.hatenablog.jp/entry/for_uxdesigners
リクルートテクノロジーズ 坂田 一倫さんのブログ記事が僕みたいな若造にはありがたいお話でした。

よりよい解決策を導く、2人の異なる視点 — NewsPicksデザイナー櫻田氏、甲斐氏インタビュー
http://l-orem.com/newspicks_interview/
興味深い記事でした。「デザイン対象としてコンテンツ / インターフェイス / ブランドを分けて捉える。」とか「「インフォグラフィックス・エディター」「エクスペリエンス・エディター」という肩書き」の話とか。

1月に観た映像作品

ピンクとグレー

https://www.youtube.com/watch?v=HjUprVE4NGY
途中ちょっと混乱してしまう展開があったんだけど、とても面白かったです。渋谷で観ていたこともあって、そういう世界もあるよなぁって、主眼とはずれるんだろうけど思っていました。やっぱりジャニーズナメちゃだめですね。すごかった。

Happy New Year 2016


Facebookで誰かがいいねしてタイムラインに流れてきて、和洋折衷的な要素も感じつつ、感情の瞬発力というか、遊び心っていいなぁってワクワクしました。これを作ったのは某ムサビの学生らしく、僕の闘争心が燃えるキッカケにもなりました。

1月一番感動したこと

ディズニーランドのパレード(ぷーさん)

1月の終わりに、約7年振りのディズニーランドに行きまして、出不精の僕はとっても疲れたわけなんですが、やっぱりめちゃくちゃ楽しかったんですよ。ぼくジェットコースターとか苦手なんですけど、ふらふらしてるだけでも楽しいんですね。そこで、お昼ごろになんとかパレードっていうのをやってて、「アナだ~!ワ~!」「ミッキーだ~!ワ~!」とはしゃいでいたおりまして、そこにぷーさんも来たんですね。んで、そのとき、ぼくぷーさんの帽子かぶってたんですよ。そうしたら、ぷーさんがぼくの方見て、頭ポンポンってやって、「あ、帽子!かぶってくれてありがとうね!」みたいにしたんですよ!声は聞こえなかったけど、きっとそう言ったはずです。それがめちゃくちゃ嬉しくて、一気にぷーのファンになっちゃいました。あれはめっちゃドキドキしたし、「ディズニーランドめっちゃ楽しい!!!」って盛り上がってしまいました。こうやってファンは増えていくんですね。いい体験でした。アイドルにハマる人もこんな感じなんだろうな。。。


1月2月とちょいとバタバタしておりまして、各所にはご迷惑をおかけしておりますが、何とか心身ともに健康をキープしておりますので、今年も仲良くしてください!宜しくお願いします!

※ 記事のトップにあるビジュアルは年初に急いで作った年賀状です。あ、あけましておめでとうございます。