情報設計

愛用サービスをリデザインしました〜radikoアプリ編〜

radiko_renewal.kv.001

Webサイトやアプリを使っていて「使いづらい」と思ったら職業柄「なんで?」ってことを考えちゃうんですけど、今回たまたまそれらしい答えがすぐにイメージできたので、勢いでデザインしました。このポストでは、今回特に気になった課題とそれぞれの解決策についてまとめようと思います。

radikoアプリをデザインした経緯

radikojp-premium

インターネットでラジオが聴けるサービス「radiko」。2016年10月から提供が始まったタイムフリー機能で過去1週間分のラジオを聴けたり、課金すればエリアフリー機能で日本全国のラジオが聴けたりと、ラジオ好きには必須のアプリです。そしてぼくもradikoを愛用しているラジオ好きのひとりだったりします。普段はPCからWebで利用することが多いのですが、先週末に自宅でアプリから利用しようとした際に使いづらさを感じてしまったので、今回「もしradikoをリニューアルするなら…」ということを考えながら、勝手にデザインしてみました。あわよくばradikoアプリ担当者のもとまで届いてくれ!!!

3つの課題と解決策

radiko_renewal.001

今回は実際に利用しようとした際に違和感やストレスを感じた、以下の3つのポイントを解消できるようデザインしました。

1.検索

まず違和感を抱いたのは、検索のUIとフローの設計です。この点については、実は前々から使いづらさを感じていたポイントでした。現状の検索について、図解するとこんな感じです。

radiko_renewal.003

見て分かるように、検索は全体を横断するグローバルの機能として実装されています。そしてここで厄介なのは、モード(今回は便宜上「ライブ」「タイムフリー」「エリアフリー」のことを「モード」と呼びます)を切り替えた際に検索UI(虫めがねアイコン)の色が変わり、あたかもそれぞれのモードの検索のように見えてしまうことです。

ぼくは好きなアーティストがレギュラーを務めるラジオをタイムフリーで聴くことがよくあるのですが、この場合「タイムフリーにモード切り替え」→「アーティスト名で検索する」という流れで番組を検索します。しかし検索結果では「これから放送」(=ライブ)と「今すぐ聴ける」(=タイムフリー)がタブで切り分けられて表示されるため、ほぼ毎回遠回りする流れになっていました。自分自身この遠回りを何度も繰り返していたため、今回は検索の位置付けを以下のように変更しました。

radiko_renewal.004

「ライブ」利用時と「タイムフリー」利用時、「エリアフリー」利用時では、検索の条件もニーズも変わってきます。上図のように検索のUI、そして検索対象を変更することで、ユーザーの状況に合わせた最適な検索条件を提示することができます。例えば今回は「ライブ」の状態をデザインしたわけですが、この場合は地域や放送日で検索する必要はありません。状況に合わせた検索条件を提示できる構造をつくることで、自分自身が感じていたようなストレスは未然に防ぐことがきると考えました。

2.プレイヤー

これは単純な話ですが、再生中に操作したいUI(再生/停止/ボリューム調整)が上部固定で遠く、アクセスしづらい状態にあります。また再生中のモードや番組についても把握しづらいため変更しました。再生中に操作したいUIについてはアクセスしやすく、また再生中の番組情報で表示すべきはラジオ局よりモードと番組名であると考えてデザインしました。

radiko_renewal.005

3.メニュー

一番の改修ポイントでした。メニューを開いた瞬間、メニューの中身が精査されておらず、詰め込まれている印象を受けました。このようなメニューは典型的な失敗メニューだと思っています。

radiko_renewal.006

とりあえず情報を置いておくには便利な気がしてしまいますが、明確にプライオリティを判断して的確に配置してあげないと情報は死んでしまいます。普段開かないメニューの中にはあまり見たことがない情報・機能がたくさんあったのですが、(あくまでも自分の分かる範囲でになりますが)中身を整理して、タブバーに表示するもの、いずれかのモードのコンテンツエリアに配置するもの、削除するものに分類して整理しました。

デザインして思ったこと

思考トレーニングとしてのリデザイン

まず今回のリデザインは画面内のデザインのみならず、構造や機能もゴリっと見直しました。プロダクトのあり方を考えるときに、情報設計は戦略とクリエイティブの橋渡しになる重要なパートだと思っています。ぼく自身がIA(Information Architect)からキャリアをスタートしたので構造的な視点に偏っているとも思いますが、今回は思考の壁打ちができたよい機会でした。

プロダクトとしての理想と現実

改めてメニューや全体のデザインなどを見て「なぜ?」を考えていくと、非合理的なポイントが多いことに気が付きました。これはあくまでも推測ですが、かなり複雑な社内事情があるのではないかと思います。興味本位で運営会社である株式会社radikoの会社情報を見てみると…

radiko.jp

サービスの仕組みを考えると仕方ないことだとは思いますが、多くのステークホルダーが見えます。今回はそんなことは無視して好き勝手にデザインしてしまいましたが、実際のご担当者の方は四苦八苦されたことだろうと思います。とはいえ、そこを調整・説得・協力してこその良いサービス体験だと思っているので、今後のリニューアルでは何とか乗り越えてプロダクトのよりよい姿に近づけてもらえたらと思います。radikoは愛用サービスなので、今後の展開を楽しみにしています!

改めて、radikoアプリ担当者のもとまで届いてくれ!!!

CREATIVEMAN参戦!2015年フェスサイト最前線!

title

title
じめじめした天気が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
この梅雨が明ければ、そう!夏です!

渋谷の大型モニターには夏フェスの告知が流れ、フェス好きの皆さんはウキウキし始めた頃ではないでしょうか。

ちなみに皆さん、フェスの情報ってどこで手に入れます?

今はTwitterやFacebookという方が多いと思いますが、その情報源の多くはWebサイト。

今日、フェスの開催告知、参加アーティストの情報解禁の役割を担う主なメディアはほとんどがWebサイトになっています。

当日楽しむためのフェス専用アプリ、フェス専用SNSなど、WebサービスやWebサイトがフェスを運営する側、楽しむ側の両面で大きな役割を果たす状況はごく当たり前の日常となりました。

今回はその重要な役割を担うフェス情報サイトの2015年最前線をお届けしたいと思います。

フェス情報サイトのカテゴリ

一概に”フェスの情報”と言っても、アーティスト情報から会場近くの宿情報まで、提供されている情報は様々です。
そして、フェス情報サイトは情報の種類によってカテゴライズすることができます。

フェス特設サイト
⇒ 主にフェス運営者が各自のフェス情報(出演アーティストやインタビュー、特集)を発信すること、ファンのエンゲージメントを高めることを目的にしたサイト、オウンドメディア。

例) 富士祭電子瓦版 http://frf-en.jp/

ニュースサイト
⇒ 特定のフェスに拘らず、フェス全般の開催告知や出演アーティストなどのニュースを提供しているサイト。

例) ナタリー http://natalie.mu/

カルチャーサイト
⇒ 各フェスの楽しみ方や注目ポイントなど、主観的な要素も含んだカルチャー寄りのサイト。ファッションや耳寄り情報などカジュアルな記事も。

例) Festival Junkie http://www.festival-junkie.jp/

それぞれの特性

特設サイト

大型フェスだろうが小規模フェスだろうがwebでの情報発信は当たり前となり、ほぼすべてのフェスが特設サイト(オウンドメディア)を持って情報発信をしています。フェスの専門サイトなので、インタビューや独自コンテンツなど、そのフェスの魅力を伝えるため、ファンをワクワクさせるための要素が発信されています。

またSNSでの情報流通も重要性を増してきたことから、専用のTwitterアカウント、Facebookのアカウントからファンに向けて話題を提供することで、Webサイトでの情報発信を後押しする役割を果たしています。

さらに資金に余裕のある大型フェスに限った話ですが、気軽にアクセスできて、様々な機能(自分専用タイムスケジュールや独自SNSなど)を併せ持つスマホアプリも一般的になってきました。

ニュースサイト

音楽情報といえば、のナタリーを中心に音楽ニュースサイトがフェスの情報を発信している例が多いです。

フェスに特化したものは少ないですが、RO69は全国のフェス開催情報を地図から地域別や日程別で網羅的に探せる”フェスマップ”(http://ro69.jp/feat/fesmap/)を展開。こちらはRO69アプリでも利用可能とのことです。

このサイト群は正確な情報を早く提供することが重要になってくるため、新規サイトの参入障壁が高いのが現実です。しかし、フェスマップのように情報整理の切り口次第では、ユーザのニーズを満たして存在感を示すことはできるやもしれません。

Webサイトはどんどん増えていますし、近い将来「フェス情報といえばここ!」といったフェス専門ニュースサイトが登場するかもしれません。楽しみです。

カルチャーサイト

先述したFestival JunkieやFestival Lifeなど、フェスに関するニュースを始め、まとめ記事やファッションスナップなどフェスの楽しみ方を紹介しているカテゴリです。
こちらもサイトの数としては多くありませんが、個人ブログや有志で作ったWebサイトが多いようです。
また、 アウトドアショップがサイトの一部 として、フェスファッションを紹介したり、フェスに必要なアウトドアグッズの紹介をしているサイトもあります。

どこも既にレッドオーシャンであることには変わりありませんが、流行の移り変わりや切り口の違い等によってまだまだこの領域のサイトは増えていく余白は残っていると感じています。

来たれ、もっと面白いフェスメディア!笑

Creativeman参戦!全てを統合したフェス総合サイトの登場

来たれ!とか言ってたら来ましたね、新しいフェスメディア。笑

CREATIVEMANという既に夏フェスシーンにおいて、大きな存在感を放っているプロモーターがメディア事業に参戦しました。

その名もAndmore http://andmore-fes.com/

引用 : musicman-net

引用 : musicman-net

「もっと楽しくなるフェスマガジン」ということでフェスの魅力を伝えるための「カルチャーサイト」的な魅力を見受けました。

しかも自分たちが運営しているフェスに限らず情報を発信していく、ニュースサイトとしての側面も持っているというのも驚き。

加えて、サマーソニックなどについては踏み込んだコンテンツを発信できる立場にあり、今回挙げた「特設サイト」「ニュースサイト」「カルチャーサイト」の全ての情報カテゴリを提供できる、いうなれば「フェス総合サイト」として名乗りをあげたわけです。

先ほど言った「フェス情報と言えばここ!」の筆頭候補ですね。

これからのフェスサイト

最初に述べたようにこれまではっきりではなくとも情報と情報提供者の特性で切り分けられていたフェス情報ですが、CREATIVEMANという夏フェスにおいて大きな存在感を持つ猛者がフェス情報メディアを持ったことで状況は少し変わりそうです。

これまで散在していた情報が一ヶ所に集まるということなので、他との差別化ができていないメディアは淘汰されますよね。(当たり前&フェスに限らずですが…)

そういう意味では、当事者(フェス運営者)が運営する「特設サイト」は今後も意義を持ち続けると考えています。
さらに、海外フェスではフェス当日のライブがUst配信されるケースもでてきており、各自フェスが特設サイトとしてのオウンドメディアを効果的に運用していくことは、これまでより重要になってくるでしょう。

もし、今後フェスに特化したWebサイトを提供することを考えている人たちがいるのであれば、上記3カテゴリのどれにも当てはまらない情報を提供するか、あるいは「カルチャーサイト」の位置づけて独自の切り口、他にはないアプローチでの情報提供、コンテンツ制作が求められると思います。

Andmore 」は個人的に楽しみつつ、僕も一人のWebメディア人として、何か新しい切り口を見出してみたいと密かに思っています。笑

何はともあれ、今年も夏フェス楽しみましょう!!!

オトミセで考える情報設計とLX (リスナー体験) 実践編

blog_otomise_lx02

前回の記事「オトミセで考える情報設計とLX (リスナー体験) 問題提起編」では賛否両論様々な反応をいただいて、ありがとうございました。

前回の記事の目的はタイトルにもある通り音楽における情報とリスナーの捉え方に対する”問題提起”であり、これまで意識していなかった皆さんに少しでも関心を持って考えてもらうことだったのでアレはアレで大満足です。興味持たれないのが一番辛いですからね。笑

前回の内容を簡単にまとめておくと…


音楽を伝えるのが難しい時代ですよね!
これまでの手法を見直す必要がありますよね!
そもそも伝え方を”デザイン”することが大事ですよ!
そのためにはまずリスナーを知りましょ!


とざっくりこんな感じでした。

情報を伝えることが難しくなっている現在の情報環境ついては前回結構厳しめに書いたつもりだったのですが、記事公開後の5月20日に発売された、コミュニケーションディレクターさとなおさん「明日のプランニング」の中で比じゃないくらいシビアな現実が書かれていました。気になる方は是非。笑

そして、前回の記事の反響の中で気付いたことがあって・・・
アーティストさんの中にも、マーケティングや広告周りに興味持ってたり、実際に経験ある人も結構いらっしゃるんですよね。

最近売れているあのバンドも元DだとかHだとか聞きますし(音楽に肩書きは関係ないぜッ)、知識や経験を持たれた方が音楽の内側にいらっしゃるのは素敵なことだと思います。

前回の記事を読んで、こんなの当たり前やろ!と感じてくださるアーティストが増えることが、即ちリスナーにとってハッピーな音楽環境だと思うので。

ということで、今回は情報発信の在り方やリスナーとのコミュニケーションといったところにあまり関心がなかった、あるいは興味はあるけどよく分からん!という方々に向けて、素敵なリスナー体験を創出するためのフレームワーク[ペルソナ][カスタマージャーニーマップ]を紹介したいと思います。

リスナーを知るための仮想人格”ペルソナ”

リスナー体験だ!リスナーを知ろう!とか言ってますが、リスナーって誰なんでしょう。

ウェブメディアの世界では、ユーザーって誰だ?という話がよく出ます。
デジタルの世界だとアクセス数だとかコンバージョンだとか数字で簡単に取れちゃうので、ユーザーを数字で語っちゃいがちなんですよね。

でもそれって愛がない

もちろん数字を見ることは悪いことではないのですが、数字を根拠として用いた上で、人間をイメージしましょうと、その人格に最適なユーザ体験を提供しましょう!っていうことを僕らはやっているわけです。

若干話が逸れましたが、リスナーの考え方も同じだと思っています。

ただ、当然ながらライブに来ているあの子とあの子じゃ年齢も性別も家族構成もアーティストを知ったきっかけも趣味趣向も違うわけです。
全ての人に最適なコミュニケーションなんて作れっこない。

じゃあどうするか。

根拠に基づいて、特定の一人をモデルとして仮定し、彼(彼女)に最適なコミュニケーションを生み出すのです。

この特定のモデルユーザーのことを”ペルソナ”と呼びます。そしてペルソナとは実際に存在しない仮想人格です。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、1人に向けたメッセージは多くの人に響くものであり、逆に全員に届けようとするメッセージは1人に響くことも難しかったりします。

この不思議な共感のメカニズムについてさとなおさん(2回目)は「明日のプランニング」の中でこう仰っています。

たとえばミスチルが「恋って本当に素晴らしいね~」みたいな、誰にでも書けるような歌を歌ってもあなたはせつなくならない。一般的すぎて踏み込みようがないからだ。
逆に踏み込むのは、より個人的な経験を歌った歌だ。
~中略~
共感する歌には必ず「個人」が歌い込まれている。

ペルソナの作り方

コミュニケーションを設計するための仮想人格ペルソナですが、作る際に気をつけるべき重要なポイントがあります。

それは客観性詳細性です。

客観性とは、即ちペルソナは実際のお客さんの状況に近いもの(できればデータに基づいて)が理想であり、自分にとって都合のいい人物像や環境に引っ張られてはいけないということです。

ペルソナ≠ターゲットです。

そして詳細性とは、その言葉の通り、モデルユーザーとして細部の細部まで人物情報を仮定すべきだということです。
氏名、年齢、性別、職業はもちろん、家族構成や趣味、年収、居住地、デジタルリテラシー、好きな食べ物など。履歴書を全部埋めるくらい詳細に。

それだけ詳しく設定するで、その後のプロセスの精度が上がってきます。

ペルソナについての分かりやすいまとめ記事はこちら。
https://ferret-plus.com/307

コミュニケーションという旅を通じた課題発見

今までの話を整理すると

人々の情報環境が激変した今日、情報の伝え方も難しい。そんな時代だからこそ、100人のためのコミュニケーションではなく、1人に向けたコミュニケーションを設計することが有効である。その1人を共有するためにペルソナが必要だ。

という流れでした。

それでは、いざそのペルソナに沿ったコミュニケーション設計をしたいところですが、ペルソナの情報のみでは、その人物に対するコミュニケーションのどこに問題があり、どういう施策が有効なのかはまだ見出せません。

そういったコミュニケーションの課題やボトルネック、それに対するタッチポイントや可能性を探るためのフレームワークの一つが「カスタマージャーニーマップ」です。

直訳すると『顧客の旅の地図』

ずばり、ペルソナが今の音楽と触れ合っていく中で、どういう情報に触れ、どういう体験をして、どういう感情を抱き、どういう行動を起こすのか、という一連の体験プロセスをマップにしてまとめるという手法です。

カスタマージャーニーマップ
引用 : 「カスタマージャーニーを理解・活用する 3スライド+5サイトまとめ」より

これによって解決すべきポイント(ボトルネック)の発見や有効な施策を見出すことができます。

ここで大事なことはリスナー目線での願望とアーティスト目線での意図の両方を用いることです。客観的過ぎても実際の役に立たないものになってしまうし、逆にエゴが過ぎてもリアリティのないものになってしまいます。

詳しい方法に関してはここで書くにはボリュームが盛り沢山で更に1記事書けるくらいあるので、下記のサイトを参考にしてみてください。事例も載っているので、ペルソナやカスタマージャーニーマップの有用性についてはイメージしやすいと思います。

〇 カスタマージャーニーを理解・活用する 3スライド+5サイトまとめ
http://liskul.com/customer-journey-1697

〇 ヒト、モノ、コトを顧客視点で考える 「カスタマージャーニーマップ」
http://www.d2c-smile.com/201312251373

〇 2時間で作るカスタマージャーニーマップ――実例とともに考える新しい「おもてなし」のカタチ
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/11/27/16409

前回もひっくるめたまとめ

前回の問題提起を以て、今回は具体的な手法の話をさせていただきました。

なかなか専門性が伴う話で、噛み砕いて説明したつもりでしたが伝わったでしょうか。

本当は実際にカスタマージャーニーマップを作るワークショップとかやれたらいいんですけどね。。。(ご要望があれば動きます。笑)

全てはこの記事の冒頭にも書いたように、情報が氾濫してこれまでの手法じゃ情報も音楽も届かなくなってきた。しっかり相手に音楽を届けるために情報の伝え方を考え直そう!そして素敵なリスナー体験を提供しよう!リスナーを笑顔にしよう!というメッセージに基づいたものです。

今回はVIVA LA ROCKのオトミセをきっかけに話を始めましたが、言うまでもなく問題は僕らの日常生活の至る所に転がっています。

これからも課題意識を持って取り組むことで、皆さんの音楽がより幸せなリスナー体験を生み出すことを願っています。

全てはリスナーの笑顔のために。

P.S. ちょくちょく書いてますが、実際にディスカッションとかワークショップとかできたらいいですね。Twitterでもメールでもなんでもご連絡お待ちしております。笑